お知らせ
不動産コンサルティング技能試験

NPO法人日本不動産カウンセラー協が研修会 MaaS、不動産への影響大きく オフィスや住宅との相性よく グーグルがトロントへまちづくり提案

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 特定非営利活動法人日本不動産カウンセラー協会は7月30日、MaaS(マース、次世代移動サービス)が不動産価値やまちづくりなどに与える影響などに関する一般研修会を開催した。講演した計量計画研究所の牧村和彦理事は、オフィスや住宅が「マースと一番相性がよい」と述べ、英国の賃貸住宅やカナダのマンションの事例などを紹介。モビリティが不動産の価値を変える可能性を示唆した。一方、日本でも住宅・不動産企業の一部は、マースの実証実験を開始している。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています