お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

2拠点居住 〝住まう〟を叶える(下) 「複数居住」の提案力を武器に

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 都心と田舎の2拠点居住を楽しむ「デュアルライフ」。居住先のコミュニティとの関わり方によって「別荘型」と「交流型」に大別できるが、後者であればデュアラー(デュアルライフ実践者)と受け入れ側双方の起点となるハブ人材の存在が大きい。この〝サポート〟活動に、新たなビジネスの芽が見込める。「複数拠点の住まい方」を提案し、新たな取引の土壌を耕すときではないか。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています