リストアセット、横浜湘南リート構想で築33年商業ビル取得

取得した「リード町田ビル」

リストアセットマネジメント(LAM、横浜市中区、伊東勇二社長)は7月29日、同社が設立したSPC(特別目的会社)を通じて商業ビル「リード町田ビル」を取得し、アセットマネジメント業務を受託した。同ビルは1989年2月竣工。小田急小田原線町田駅から徒歩1分の場所に位置する。ビルの大半がスポーツ施設となり、1階と地下1階が飲食店で構成され、満室稼働となっている。長期保有から短期売却まで投資家の多様なニーズに応えられると判断して取得した。

LAMは2023年を目途に「横浜湘南リート構想(仮称)」を推進しており、将来的には上場リートも視野に入れている。2023年12月時点で資産規模300億円以上を目指し、25年時点で1000億円以上を目標とする。引き続き神奈川県内や東京を中心に物件の取得、運用を展開していく。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています