不動産テックEXPO

野村不がシェアハウス&コワーキング事業、日本橋人形町で初弾

コンセプトスペース「TOMORE zero」

 野村不動産は、シェアハウス&コワーキングスペース事業を始動した。事業化に先駆けた実証プロジェクトとして、「TOMORE(トモア)共創ライフ開発プロジェクト」を8月から開始。21年11月に、東京・日本橋人形町に、コワーキングスペース部分を再現したコンセプトスペース「TOMORE zero」をオープンする。

 「TOMORE zero」は、集中して仕事をする「ソーシャル・ワークスペース」と、偶発的な出会いとコミュニケーションを楽しむ「ソーシャル・リビング・ダイニング」の2つのゾーンそれぞれに4つのエリア、計8つのエリアを設置している。暮らしの要素を取り入れることで、よりリラックスした状態で偶発的なつながりを生む工夫をしている点が特徴で、ソーシャル・リビング・ダイニングゾーンでは、靴を脱いでソファに腰掛けながら過ごすことができ、またアートが設置されたダイニングテーブルで食事を取りながらメンバー同士で交流することができる。

 事業開始に先駆け、「共創」が日常にある暮らしを体感できる参加型プロジェクト「TOMORE共創ライフ開発プロジェクト」を推進。同じ目的や悩みを持ち、共創生活の考え方に共感した人が集うコミュニティ運営を行い、今後プロジェクトを段階的に進めていく。

 TOMOREは、「TOMO(友と、共に)×MORE(もっと先へ)」を掛け合わせて生まれた言葉。プロジェクト・ビジョンに掲げる「More Company(仲間),More Collaboration(共同),More Creation(創造)」をオンライン・オフラインの双方で体現することを目指す。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています