東京建物など6社 「SHINTO CITY」第1期まちびらき開催

地域住民も参加して行われたテープカットの様子

 東京建物、住友不動産、野村不動産、近鉄不動産、住友商事、東急不動産の事業主6社は、さいたま新都心で開発中の新築分譲マンション「SHINTO CITY(シントシティ)」(さいたま市大宮区、総戸数1411戸)の1街区(A棟・B棟・C棟 総戸数605戸)の第1期まちびらきを7月4日に開催した。1街区は3月に竣工、入居を開始。オープニングイベント「OPEN CAMPUS」は、独自の自治会と6社が協力して新型コロナ対策を行った上で実施。オープニングセレモニーを会場からYouTubeLIVE で配信するなど参加しやすいイベントとした。

 当日は、1街区の入居者が多数参加し、「くらし学部(遊び・子育て)」、「まなび学部(教育・スポーツ)」、「たいけん学部(社会体験)」、「もしも学部(防災)」のコーナーに分け、 子供のプログラミング講座、スポーツ健康ゼミ、未来のまちを考えるワークショップ、防災減災Laboなど、入居交流と学びの場を多数設けた。参加者からは「同世代のお友達ができた」、「防災意識を高めるきっかけになった」などの声が寄せられた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
宅建ライブ解説2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています