住宅新報アプリ スマホやタブレットで読む不動産の最新ニュースアプリ

森トラスト 「リモート震災訓練」を実施

 森トラストは3月11日、コロナ禍での同社グループの防災体制を構築するため、「リモート震災訓練」を実施した。また東日本大震災から10 年を迎え、震災で得た教訓の風化を防ぎ、防災意識を向上させるために「森トラストの3・11」と題し、当時仙台で被災した社員が震災対応経験を語り伝承する座談会を実施した。

 リモート震災訓練は、虎ノ門2丁目タワーの本社と東京、大阪、仙台のオフィスビル、関東圏のホテル計50棟と自宅を対象として実施した。テレワーク体制により出社率30%未満という本社の対応人数が少ないことを想定し、リモートで防災体制を維持するための「災害時情報共有ツール」の操作習熟や、感染症対策に対応した「震災対応マニュアル」の実効性の確認を行った。

 その結果、情報収集や対応判断はリモートでも可能と確認でき、リモート対応が難しい各ビルへの応援出動は、出動要員割り振りのための出動可否情報収集と、要員が不足した際の対応のルールを整備する必要があるとがわかったという。

 座談会については、その内容を記事化し、当時の資料映像とともに社内配信する。さらに記事の内容を基にウェブ上でBCP(事業継続計画)テストを実施することで、従業員一人ひとりの防災知識の定着と防災意識の向上を図る。

 同社グループは東日本大震災を教訓にして1.非常用発電設備稼働の長時間化2.トイレの断水対策と利便性の向上3.帰宅困難者支援用充電スポットの増設4.BCPテストの実施など、災害対策を強化している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています