お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

空き家対策新PJ、中城康彦明海大不動産学部長が顧問 ファンタスT

 不動産投資のオンラインプラットフォーム事業などを手掛けるFANTAS technology(ファンタステクノロジー、東京都渋谷区、國師康平社長)はこのほど、空き家問題解決に向けた新プロジェクトの立ち上げと共に、同プロジェクトの技術顧問として明海大学不動産学部長の中城康彦教授が就任したことを発表した。
 同プロジェクトは、全国の空き家所有者と、不動産業者や行政との間をつなぎ、最適なコンサルティングを行うという趣旨。同社はこれまでにも、空き家の再生・販売事業や不動産特定共同事業法に基づく事業許可を受けたクラウドファンディング事業などを手掛けており、これらの事業で培った知見を生かして新プロジェクトに取り組むとしている。
 中城教授は「日本の住宅は元々共生・循環型の仕組みを持っていたが、戦後の住宅政策や社会経済状況などを背景に『資産』としての側面が強くなり、結果として空き家という『行き止まり』に直面することとなった。この『行き止まり』を解消し、共生・循環型の仕組みを取り戻すためにはAIの活用が有効であり、時間・空間・人間を新たなステージでつなぐ仕組みの構築を通じて、地域活性と社会の安寧を目指す」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています