お知らせ
ツヅキ不動産業ソリューションセミナー開催 | 2018年11月22日(木)

築48年、自社分譲マンションの建て替え事業協力者に 東急不動産

 東急不動産はこのほど、同社が70(昭和45)年に分譲したマンション「東急アルス本郷」(東京都文京区)の建て替え事業について、管理組合の承認を受けて事業協力者として選定された。
 同マンションは、同社の都市型分譲マンションブランド「アルス」シリーズの第1号物件。東京メトロ・都営大江戸線本郷三丁目駅から徒歩5分と交通利便性が高い立地で、建物は鉄骨鉄筋コンクリート造りの地上10階建て。総戸数は64戸。70年11月の竣工から約48年が経過し、老朽化などの問題を抱えていたため、10年以上にわたって住民間で建て替えを検討。そして6月に建て替えへ向けた事業協力者選定が行われ、8月31日付で同社が選定された。
 同社は「今後は『マンションの建て替え等の円滑化に関する法律』を活用し、23年度の完成を目指し、管理組合と事業を推進していく」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています