お知らせ
不動産相談員研修(宅建士合格者)

楽天LS 14日、大阪にコンドミニアム型特区民泊施設オープン

 楽天LIFULL STAY(東京都千代田区、以下:楽天LS)が提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」における初のコンドミニアム型特区民泊施設「Rakuten STAY×ShaMaison 大阪出来島駅前」が、9月14日から営業を開始する。10日、宿泊予約受付を開始した。
 同施設は、29室の客室を備えた、地上4階建てのコンドミニアム型特区民泊施設。大阪市の特区民泊制度を利用しているため、最低宿泊日数は2泊3日からとなる。すべての部屋が広々としたリビング、キッチンを備えたコンドミニアムタイプで、セキュリティー面では、楽天コミュニケーションズが提供する民泊運営支援サービス「あんしんステイIoT」を導入し、タブレットやスマートロックといったIoT端末でチェックイン時の本人確認や鍵の管理、宿泊者のサポートを行う。積水ハウスが同施設を設計・施工し、楽天LSが内装のデザイン監修、ブランディングおよび運用代行サービスの提供を行う。
 同施設の所在地は、大阪市西淀川区出来島1の12の14。宿泊料金は1室1泊7840円から(最低宿泊日数は2泊3日)。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています