お知らせ
不動産相談員研修(宅建士合格者)

「気候風土適応型PJ」に仙台の「茂庭の家」採択 国交省

 国土交通省は8月10日、先導的な技術の普及啓発に寄与する「気候風土適応型プロジェクト2018」を、「茂庭の家」(建設地・宮城県仙台市)に決定した。同プロジェクトは、地域の気候風土に応じた木造建築技術の継承・発展などを図るため、伝統的な住文化を継承しつつ環境負荷の低減を図るモデル的な住宅に対して国が建設工事費の一部を支援する「サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)」に採択された応募事業の略称。
 「茂庭の家」の申請書類作成者は、一級建築士事務所の大角雄三設計室。立地特性を考慮した通風経路の設計により、風と共に湿った空気が自然に抜ける構造としたほか、敷地周辺の農家にある養蚕スペースを小屋裏空間として現代的にアレンジするなど、新旧の住宅の長所を併せて取り入れた現代民家となっている。
 同省は現在、18年度の同先導事業の第2回公募を実施している。応募期限は9月14日(消印有効)。詳細はhttp://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000810.htmlを参照のこと。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています