お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

民泊サービス、旅館業法「面積基準」のハードル高く 厚労省調査

  厚生労働省がまとめた「旅館業法の順守に関する調査結果」によると、民泊を手掛けるに当たっては旅館業法の「面積基準」のハードルが高いことが分かった。

  「一般住宅などを使用した旅館業の営業許可に当たり、許可できなかった事例の有無」について、全体の32%の自治体が「ある」と回答。その理由として「旅館業法関係」を挙げた自治体が43%で最も多く、具体的には「面積基準」が51%で最多だった。

 調査対象は142都道府県市区。対象年度は2013~2014年度。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています