三菱地所 MM21に、新ブランドの商業施設完成

 三菱地所は6月18日、横浜のみなとみらいに、エリア最大規模の商業施設「MARK ISみなとみらい」を完成させた。新たにスタートした商業施設基幹ブランド「MARK  IS」シリーズの2施設目。

 今回オープンする「みなとみらい」は、横浜高速鉄道みなとみらい駅に直結し、JR桜木町駅からも徒歩8分の場所。横浜美術館の正面に位置する。全189店舗で、みなとみらい21地区で最大規模の商業施設となる。地域のニーズに応えて地下には大規模な食品フロアを設けるほか、館内に保育所も整備する。

 商圏としては、平日は5~10キロ圏内、休日には湘南や川崎などを含めた20キロ圏からの来場を見込み、初年度は250億円の売り上げを計画する。

 同社の担当者は、「周辺には横浜ランドマークタワーを始め、既に多くの施設があるので、それらとの連携を図りたい。たとえば、ポイントカードの共通化や駐車場の共同利用などを考えている」と話す。

 同社は昨年末に商業施設(ショッピングセンター)事業の基幹ブランドを「MARK  IS」と定め、今年4月に第1弾として「MARK  IS静岡」を開業。今回が基幹ブランド第2号施設となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています