【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

戸別太陽熱システムを日本初全戸に、マンション販売開始へ 大京

 大京(東京都渋谷区)は東京都練馬区で開発を進めている、屋上に戸別の太陽熱パネルを設置して各住戸の貯湯タンクにお湯を貯めるシステムを日本で初めて全住戸に採用したマンション(地上4階建て、総戸数61戸)を、3月中旬に発売する。2月20日、報道関係者向けにプロジェクト発表会を開いた。

 太陽熱利用システムは、東京ガス(東京都港区)が開発したもの。1住戸当たり2枚の太陽熱パネル(1メートル×2メートル)で太陽熱を集熱し、各戸の貯湯タンクのお湯を温め、高効率熱源機エコジョーズと組み合わせることで、風呂やキッチンなどに効率的に給湯する。試算によると、ガス使用量を約37%削減することが可能で、年間のガス代が約2万8500円割安になるという。

 同物件は、練馬区豊玉中4丁目7番に立地し、西武池袋線練馬駅徒歩11分。専有面積は67〜100平方メートル。間取りは3LDKと4LDK。価格は3LDKが4700万円台から、4LDKが6500万円台から。竣工は2014年2月を予定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています