総合

完工高減で建設事業は減収 東建コーポ 20年4月期

 東建コーポレーションの20年4月期は減収減益となった。不動産賃貸事業の売上高は1786億円(前年同期比5.9%増)を計上。一方、受注高が伸び悩み、完成工事高が減少。建設事業の売上高は1420億円(同9.4%減)となった。(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»