政策

国交省の23年度予算概算要求 GX・DX重点投資 コロナ後のまちづくりへ 防災、経済好循環に6.9兆円

 国土交通省は8月25日、23年度の一般会計予算概算要求額が6兆9280億円(前年比1.18倍)になったと公表した。要望の柱は「国民の安全・安心の確保」「経済社会活動の確実な回復と経済好循環の加速・拡大」「豊かで活力ある地方創りと分散型国づくり」の3点。一般会計のうち、1兆5929億円を「重要政策推進枠」として計上。防災・減災対策をはじめ、GX(グリーントランスフォーメーション)やDXへの重点投資、ポストコロナを見据えたまちづくりを推進する。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»