【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

セコム 見守りセンサー検証 転倒など検知 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

体動をセンサーが検知し、介護スタッフのスマートフォンにすぐに通知する。

 セコム(東京都渋谷区)は、同社で開発中の『新しい見守りセンサー』の検証試験を3月末まで行っている。介護付有料老人ホームで検証を重ねており、現状の課題である介護サービスの向上と介護業務効率化の両立を実現させる。

 各居室内に設置する新センサーが転倒や姿勢の変化、就寝中の呼吸や体動などをリアルタイムに検知。介護スタッフのスマートフォンに通知する。直接には目の届きにくい場面でも迅速に対応できる(イメージ図)。センサー情報のリアルタイム通知や、データも分析でき、客観的なデータに基づく最適なケア計画の作成もできるようにする。

 従前からセコムでは、『セコム・ホームセキュリティ』の防犯センサーの検知情報に基づく『安否みまもりサービス』を提供している。今回の新たなセンサーでは、より手厚い見守りが必要な人にも対応できるようにする。

 検証試験は、同社のグループ会社のアライブメディケア(東京都渋谷区)が運営する「アライブ世田谷中町」(41室43人)で行っている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています