登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

不動産経済研調べ・21年度上半期首都圏マンション市場 戸当たり価格が過去最高 17%上昇の都区部がけん引

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 不動産経済研究所の発表によると、21年度上半期(4月~9月)に首都圏で供給されたマンションの戸当たり平均価格は過去最高となる6702万円(前年同期比10.1%増)で、戸数は同44.7%増の1万2809戸だった。

 戸当たり平均価格は、これまで最も高かった91年の6137万円を上回り、年度上半期として73年の調査開始以来最高額となった。都区部が同17.0%増の8686万円と高額化が進み、全体平均をけん引。埼玉県も同8.3%増の4920万円と伸長した。他方、都下は同0.2%増の5515万円とほぼ横ばいで、神奈川県(5139万円、同7.2%減)と千葉県(4414万円、同5.8%減)はいずれも下落している。

 1m2当たりの単価は首都圏平均が102.1万円(同9.7%増)で、こちらも過去最高。戸当たり平均価格と同様、主に都区部(136.6万円、同12.1%増)の上昇が全体を押し上げた。

 供給戸数の首都圏平均は、新型コロナウイルス感染症の拡大やそれに伴う営業自粛などにより過去最低を記録した、前年同期の8851戸からの反動で大幅増となった。19年の1万1996戸をやや上回る戸数であり、供給量はコロナ禍以前の水準に回復した様子が見られる。

 なお、9月単月の首都圏マンションは、戸当たり平均価格が6584万円(前年同月比13.3%増)、1m2当たり単価が98.9万円(同12.8%増)で、いずれも3カ月連続増。供給戸数は2311戸(同6.7%減)で2カ月ぶりに減少に転じた。

近畿圏は全体的に価格上昇

 近畿圏の21年度上半期市場動向を見ると、戸当たり平均価格は4538万円で前年同期比13.0%増、1m2当たり単価は73.7万円で同7.7%増。供給戸数は同42.1%増の8355戸だった。

 戸当たり平均価格については、和歌山県(3543万円、同2.2%減)を除く全エリアで上昇。特に京都府下(3988万円、同24.0%増)や神戸市部(4478万円、同18.6%増)で増加率が高かった。供給戸数は、奈良県(68戸、同69.2%減)を除く全エリアで増加している。

 9月単月の戸当たり平均価格は4757万円(前年同月比1.4%増)、1m2当たり単価は76.3万円(同11.9%増)で、いずれも2カ月連続増。供給戸数は同1.5%減の1210戸で、2カ月連続の減少となった。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています