マンション・開発・経営

三井不など サブスク型宿泊の第2弾 自宅とホテルの使い分けや対象拡大

 三井不動産、三井不動産ホテルマネジメントは、「サブ住む HOTELどこでもパス」の第2弾の提供を開始する。テレワークの推進やワーケーションが注目される中、ホテルを活用した新しい「住まいと暮らし」の形を提案(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»