マンション・開発・経営

新築マンション脱炭素化加速

 新築分譲マンションにも脱炭素化の動きが広がっている。住友不動産は、10月から設計するすべての新築分譲マンションについて「ZEH-M Oriented」(今週のことば)を標準化した。東急(株)と伊藤忠都市開発は、非化石化証書を活用した実質100%再生可能エネルギーを利用する分譲タワーマンションを供給。国土交通省は、今後、供給する新築住宅のZEH基準の確保を掲げていることが、こうした動きの背景の一つとなっている。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»