【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

新築マンション脱炭素化加速

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 新築分譲マンションにも脱炭素化の動きが広がっている。住友不動産は、10月から設計するすべての新築分譲マンションについて「ZEH-M Oriented」(今週のことば)を標準化した。東急(株)と伊藤忠都市開発は、非化石化証書を活用した実質100%再生可能エネルギーを利用する分譲タワーマンションを供給。国土交通省は、今後、供給する新築住宅のZEH基準の確保を掲げていることが、こうした動きの背景の一つとなっている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています