登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

施設来場者に新体験 日本コンピュータビジョン 新ARサービス開発

この記事を読むのに必要な時間:約2分

ARで施設内をナビゲーションできる
 ソフトバンクグループで、AI(人工知能)技術などを活用したソリューションを提供する日本コンピュータビジョン(東京都千代田区)は、施設運営事業者向けとして、現実世界にコンピュータでさまざまな情報を加えられるAR(拡張現実)技術による新たなSaaSプラットフォームサービス『JCV MARS(仮称)』の提供を10月にも開始する。導入事業者は簡便に使え、施設情報などを分かりやすく発信できる。付加価値となる〝新たな体験〟の提供により、集客効果などに期待できるという。

 スマートフォンなどのカメラ機能で取得した画像と3次元データを使い、空間情報を認識する技術(VPS)を活用する。同社の強みの「画像認識技術」により、地図データの特徴点の照合をするだけで、屋外や屋内の位置を特定し、さまざまなARアプリケーションを提供できるSaaS型のサービスとなる。これまでは、主にエンターテイメントの世界で活用してきたAR技術をビジネスシーンで応用する。

 ARを活用するアプリケーションサービスのコンテンツを通して、施設運営事業者は、商業施設や観光施設などの空間内で、仮想世界のさまざまな情報などを来場者に向けて高速で迅速に提供できる。キャンペーンやクーポン情報などの伝えたい情報や画像などを発信し、施設内を分かりやすく案内するナビゲーション機能にもなる(イメージ写真)。

 工場内では、危険区域を回避する最適なルートを表示するなど、作業の効率化や安全性の向上などにも役立つ。

 10月のサービスの提供開始時には、「ARナビゲーション」「ARマーケティング」「ARイベント」(いずれも仮称)を搭載する。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています