三井ホームが子会社・組織再編 オーナー支援、リフォーム強化

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 三井ホームは、グループの成長戦略の一つであるオーナーサポート・リフォーム事業強化の一環として、7月1日付で関係会社の組織再編を実施する。同社の100%子会社である三井ホームテクノス(株)(東京都新宿区、河合淳也社長)の事業のうち、点検やメンテナンスなどを行うホームサポート事業を同社に、敷地調査・地盤改良およびインスペクション事業を三井ホームエンジニアリング(株)(東京都世田谷区、竹内喜昭社長)に、それぞれ人的な異動を伴う形で移管し、吸収合併する。なお、三井ホームテクノスは消滅会社となる。

 同社は1974年の創立以来、24万棟を超える建物を供給してきた。これまで引き渡し後のオーナーサービスのうち、高い専門性が求められる建物の点検・メンテナンス業務については三井ホームテクノス(株)に委託。リフォーム関連事業については、同社で請け負うという分業体制で対応してきた。しかし、近年では、良質な住宅を長期にわたって住み継いでいくために、オーナーのメンテナンスに対する意識が高まっていることに加え、メンテナンス対応を契機に、快適な生活の実現に向けて積極的にリフォームするケースも増加している。

 このため、同社は、ストックビジネスの拡大に向けてメンテナンスとリフォーム両面でのオーナーリレーションの更なる強化が不可欠な状況と判断。今回の関係会社の組織再編では、これまで三井ホームテクノス(株)で実施していたオーナー建物の点検・メンテナンス業務を同社に取り込むことで、よりオーナーとの接点を増やし、リフォーム事業との連携・協働も強化する。オーナーに対してメンテナンスとリフォームを一体としたシームレスなサービスを提供し、更なる顧客満足度向上を目指す。

 一方、敷地調査や地盤改良工事とインスペクション事業を三井ホームエンジニアリング(株)に移管することで、既存事業との相乗効果を高める。

 同社グループは、20年度から成長戦略としてオーナーサポート・リフォーム事業の強化のほか、大規模木造非住宅施設の受注や海外事業の強化などに取り組んでいる。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています