ローン減税とすまい給付金延長の法令を閣議決定 政府

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 政府は1月26日、21年度税制改正関連法案を閣議決定した。21年度税制改正大綱で盛り込まれた、「住宅ローン減税の控除期間3年延長措置」の適用期限延長などを規定する法案。成立すれば、同措置の対象住宅への入居期限は22年末まで1年間延長される。

 併せて同日、政府は「住宅取得等に係る給付措置について」の一部改正も閣議決定した。一定の条件を満たす住宅の建築・取得の際に最大50万円を給付する制度(すまい給付金)で、対象住宅の引き渡し期限を、ローン減税と同様の22年末まで延長される。

 なお両措置において、延長期間内に適用を受ける住宅の床面積要件が、従来の50m2以上から40m2以上に緩和された。すまい給付金については、今回の閣議決定により既に緩和されており業界団体等が要望してきた〝住宅取得支援時の面積要件緩和〟が実効力を持って具体化した形だ。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
宅建ライブ解説2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています