お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

21年度予算概算要求 各省庁がテレワーク推進

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 9月30日までとされていた21年度予算概算要求の提出期限を迎え、各省庁の予算方針が出そろった。今回は主に新型コロナウイルス感染症への対策項目が並ぶ中、住宅・不動産分野と関連の深いテーマとして、リモートを活用した「新たな働き方」への対応施策が各所で見られた。

 総務省は「テレワーク普及展開推進事業」のため6億円(前年度比2.40倍)を要望。これまでは〝働き方改革〟の一環という位置付けだったが、21年度ではそれに加え同感染症対策としてもテレワークの推進・定着を図るため、予算規模を大幅に拡充した。

 同じくテレワークの推進へ向け、内閣府は地方創生の観点から新規事業の立ち上げを図る。「地方創生テレワーク推進事業(仮称)」のため4億円を、「地方創生テレワーク交付金(仮称)」のため150億円をそれぞれ新たに計上した。どちらもテレワークの普及を踏まえ、東京一極集中の是正へ向けて地方への人の流れを後押しする趣旨。

 観光庁は、詳細な予算額を示さず項目だけで要望する〝事項要求〟として「観光の再生と新たな展開」に向けた施策を掲げており、その一環としてワーケーションの促進を図る。実態調査や普及啓発などのほか、リゾート地等においてワーケーション需要への対応のための環境整備を支援するイメージだ。複数宿泊施設の連携による、共同ワーケーション施設の整備なども視野に入れる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています