お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

森記念財団 日本の都市特性評価 大阪市が2位に上昇 コロナ影響反映前、東京23区で台東、豊島が順位上げ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 森記念財団都市戦略研究所は9月3日、「日本の都市特性評価2020」を公表した。全国主要109都市と東京23区を対象に定量・定性データを基に分析したもので、今回で3回目。総合では、京都市が1位、大阪市が2位、福岡市が3位と2位と3位が入れ替わった。大阪市は、新規不動産業用建築物供給面積の大きさなど「ビジネス環境」の良さでスコアを伸ばした。1~3月にデータを収集しているため、「新型コロナの影響はまだ直接的には反映されていない」(委員長の市川宏雄明治大学名誉教授)とした。

 都市を構成する「経済・ビジネス」「研究・開発」「文化・交流」「生活・居住」「環境」「交通・アクセス」の6分野、83指標をスコア化して評価した。

 20年に伸びた都市として9位から8位にランクアップした金沢市は、イベントの数・評価で構成される指標が伸長。「交通・アクセス」や「研究・開発」の評価を高めた。熊本市は、子供の医療費支援が伸びるなどにより、22位から16位に上がった。

 一方、東京23区は千代田区、港区、中央区のトップ3は昨年と変わらず。台東区が24区中9位から8位へ、豊島区が11位から10位へと順位をそれぞれ上げた。台東区は、新規住宅供給などで「生活・居住」のスコアがアップ。また、豊島区は、「生活・居住」や「文化・交流」でスコアを伸ばし、外国人就業者の割合が4位と高水準だった。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています