【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

会長に瀬川氏が再任組織体制強化へ 都宅協・総会

この記事を読むのに必要な時間:約1分

組織体制の強化を発信した瀬川会長

 東京都宅地建物取引業協会(瀬川信義会長)は5月27日、東京都内で第9回定時社員総会を開き、19 年度事業報告を行うと共に、19 年度決算承認など審議事項を決議した。

 役員選任では、現職の瀬川信義氏(渋谷)の会長再任が決定。副会長には岡田英樹氏(足立)、桑原弘光氏(新宿)、永井彰氏(立川)、大滝睦男氏(町田)の4名の就任が決定した。

 瀬川会長はコロナ禍における同協会の体制強化をはじめ、19 年度事業で初の試みとなったウェブ研修や、入会促進活動の成果を報告。財務体制の早急な強化、組織執行体制の見直しを必要とし、「昨年に引き続き特別委員会を設置。令和4年には新たな組織体制への移行を目指す」と述べた。保証協会については新型コロナの影響による不況型の苦情案件の増加を懸念しながらも、「力を結集して前に進む。社会のデジタル化や対面機会の減少、働き方の変革が避けられない中、本会も柔軟に対応する」と語った。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています