総合

実例相続事案における諸問題 玉井行政書士事務所代表  玉井 健裕 ▶(2) 遺言作成や遺産分割を阻害する要因

 不動産の関係する相続では「放置されたまま」が多い。この回避には事前の遺言書作成、事後の遺産分割協議となろうが、これにもまた典型的な阻害要因がある。実際の事例から特徴的なものを見てみる。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»