お知らせ
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)不動産仲介士®とは
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

大手が在宅勤務を本格化 コロナ感染防止に対応

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための、主要大手各社が在宅勤務の運用を本格化している(表参照)。概ね3月から4月中旬までで、対象の従業員や地域は、個別事情によりばらつきがみられる。

 三井不動産と三菱地所では、3月27日から4月12日まで在宅勤務とした。早いところでは、大和ハウス工業と三井ホームが2月から全社員に在宅勤務を推奨。既にテレワークを一部で運用を始めていた東急リバブルは、4月からの全社展開を2月に前倒した。三菱UFJ不動産販売は臨時措置として、モバイルワークを営業のセンター・法人営業室に所属する一部従業員が実施している。在宅勤務の扱いを推奨段階から指示に切り替える動きもみられる。

 正式な社内制度としては運用していなかった一部の中堅企業でも始まっている。上長の許可を前提にナイスが3月上旬から、トーセイが3月30日からそれぞれ推奨として在宅勤務を始めている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています