登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

五輪後 インバウンド 全国各地へ広がる恩恵

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 2020年は、インバウンド業界にとって、正念場の年と言える。それは、オリンピックの東京誘致が決まってから、訪日数は増加をたどり、これを目標に動いてきたという部分もあるからだ。では、終わった後はどうなるのかと不安もあれば、まだまだ高みを目指せるという2つの声がある。ターニングポイントである13年を振り返り、今後の展望を予想しよう。キーワードは「多様化するニーズ」にどう応えるかだろう。そのあたりを考察する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています