お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

20年度与党税制改正大綱まとまる 低未利用地譲渡特例を創設 業界要望に「満額回答」の声

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 自由民主党と公明党は12月12日、20年度税制改正大綱を取りまとめ、公表した。全体を通して見ると、住宅・不動産関連分野の各団体が要望していた主要な項目については、〝床面積要件の緩和〟など一部の拡充要望等は見送られたものの、全体的に新設・延長等が認められる結果となった。またそれ以外にも、近年大きな社会課題となっている所有者不明土地(不明地)について、現に使用者がいる場合には、固定資産税の課税対象とする新たな仕組みが設けられている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています