お知らせ
不動産コンサルティング技能試験

地域に貢献する空き家 医療連携や離れの部分貸しも 大田区・世田谷区

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 不動産・住宅業界だけでなく、全国的に対策が必要とされている空き家問題。空き家活用事例として、東京都大田区と世田谷区の行政による空き家マッチングを紹介する。区が把握している空き家の建物(戸建て、工場、共同住宅が全空室の場合等)は、大田区が328棟(18年3月末時点)、世田谷区が966棟(17年7月末時点)。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています