お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

価値を生むエリマネ、オフィスや住宅地で広がる 11年前の期待、実現へ 持続成長社会へ 価値創造を拓く

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 今からおよそ11年前の2008年3月、国土交通省は初のエリアマネジメント(エリマネ)マニュアルを作成した。その冒頭、地域価値の低下を防ぎ、その価値を高めるまちづくりの必要性とエリマネが十分な成果を上げることへの期待が述べられていた。最近では大都市でも空き家問題が顕在化するなど、エリマネは平成が終わってもその重要性を増す。それは、ビジネスとしてエリマネの可能性を探る企業の動きにも現れている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています