お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

バリューアップに全国の鑑定士の声 共用への転用に活路 限界を危ぶむ指摘も

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 三友システムアプライザルはこのほど、「バリューアップ市場の現状と課題」と題して、提携する全国の不動産鑑定士からの意見をトピック調査としてまとめた。コンバージョンやリノベーションに関する諸法令を整備し、建物の再利用を促す時期にきていると同社が問題提起。不動産活用の重要な取り組みの一手法である「バリューアップ」に焦点を絞り、現状や今後の課題を探った。調査期間は8月1~31日。

  ◇   ◇   ◇

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています