賃貸・地域・鑑定

大規模津波避難施設を提案 フジワラ産業 平時は多目的利用

 フジワラ産業(大阪市西区)はこのほど、多目的利用ができ、地域のシンボルゾーンとしての活用ができる大規模津波避難施設を提案した。津波避難タワーが地域に住む小・中人数(50~600人規模)を対象としているのに対(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»