マンションリフォームマネジャー試験のご案内

借り上げ社宅の理解度が低いと調査結果で freee

freee(東京都品川区)は、規模500人以下の企業に勤める人事・総務部門の従事者438人を対象として、2022年4月上旬に実施した「社宅制度に関する調査」の結果をまとめた。住宅関連の補助は採用に良い影響があると7割以上が回答しているものの、借り上げ社宅制度についての理解は5割程度にとどまっていることなどが分かった。

全体の9割は組織運営で福利厚生が重要と認識し、また、全体の5割超はもっと充実させていくべきだと考えている。充実させたい意向のその効果として、複数回答可で「仕事へのやる気」が高まるためが最も多く7割超、次いで「勤続年数」や「健康維持」がそれぞれ4割超で感じている。

1つの選択肢である借り上げ社宅制度についての理解で、その名前も内容も知っているのは5割程度にとどまる。導入していない理由として、「コスト高」が最も多く6割程度、次いで「手間がかかりそう」が3割程度、「メリットがなさそう」が3割と続く。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています