「フラット35」1月・最頻金利が5カ月ぶりに低下 住金機構

 住宅金融支援機構は1月4日、取扱金融機関が提供する住宅ローン「フラット35」(買取型)の1月の適用金利を発表した。最頻金利が5カ月ぶりに低下した。
 融資率が9割以下の場合、借入期間21年以上の金利は年1.300%(前月比0.030ポイント低下)~年2.210%(前月と変わらず)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い最頻金利は年1.300%(同0.030ポイント低下)。
 同20年以下の金利は、年1.180%(同0.030ポイント低下)~年2.090%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.180%(同0.030ポイント低下)。
 一方、融資率が9割超の場合、同21年以上の金利は年1.560%(同0.030ポイント低下)~年2.470%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.560%(同0.030ポイント低下)。
 同20年以下の金利は年1.440%(同0.030ポイント低下)~年2.350%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.440%(同0.030ポイント低下)となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています