国交省 既存建築物省エネ化推進事業、23件を採択

 国土交通省は12月16日、21年度既存建築物省エネ化推進事業の第2回公募において、23件の採択プロジェクトを決定した。既存建築物の省エネ化を推進すると共に、関連投資の活性化を図るため、民間事業者が行う既存建築物の省エネルギー性能の向上に寄与する改修にかかる建設工事費の一部を支援するもの。
 第2回公募は、今年9月1日〜10月7日で実施。応募総数24件に対し、要件に適合した23件を採択した。主な採択事業は、「簡易宿所ボスコ断熱改修工事」や「軽費老人ホーム行田グリーンホーム 省エネルギー事業」など。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています