高齢者にスマホ無料貸出でデジタルデバイド解消 渋谷区・KDDI

 東京都渋谷区(長谷部健区長)とKDDI(東京都千代田区)は、同区内の65歳以上の高齢者にスマートフォンを2年間、無料で貸し出す実証実験を21年9月6日に始めた。災害時に避難情報がリアルタイムに届かない状況が想定されており、情報通信利用の格差となるデジタルデバイドを解消する。不動産業界でもデジタルツールの活用が進展しており、支援策として参考になりそうだ。

 同区民の高齢者のうち、25パーセントはスマートフォンを保有しておらず、デジタルサービスを十分に活用できていない。コロナ禍でオンライン申請などの非接触型サービスが重要になったものの、スマートフォンの利用率の低迷は、「利用方法を教わる機会が少ない」ためにある。使いこなせるようになるまでハードルが高いといった理由がある。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています