登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

広島市西区の産業団地第2弾に着手、飛行場跡地を再開発 大和ハウス

 大和ハウス工業は4月20日、広島市西区で産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート2」(以下「テクノ・ポート2」)の造成工事に着手し、区画の販売を開始した。事業規模(土地と建物)は約170億円を予定。造成工事完了は22年3月末、事業完了は23年3月を見込む。
 「テクノ・ポート2」の交通アクセスは山陽自動車道路「五日市IC」と「廿日市IC」から約10キロ。広島港から約3キロ。敷地面積は約7.9万平方メートル。販売予定面積は約7万平方メートルで、約6800~1万6000平方メートルの6区画に分割する計画。製造施設や物流施設、研究所、エリア拠点などの新設が可能だ。
 この産業団地は広島西飛行場跡地を開発するもの。第1弾に当たる「広島イノベーション・テクノ・ポート」は6区画、販売面積は合計で8.1万平方メートル。5区画が契約済みで、1区画は同社がマルチテナント型物流施設を開発中だ。
 第1弾の関連記事は19年6月4日号掲載(https://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000039921)。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています