登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

パナソニックH、マレーシアで分譲マンション販売

 パナソニック ホームズは3月12日、現地ディベロッパーとの合弁会社により、マレーシアのカジャン地区で開発中の分譲マンション「MIRAI Residences」の第2期販売(384戸)を開始した。マレーシアの子会社であるパナソニック ホームズマレーシアとマレーシアの現地ディベロッパーのMKHが18年に設立したMKHプロパティベンチャーズが開発。「MIRAI(未来)」は、同社が日本で培った住まいづくりのノウハウや技術と、MKHのマレーシアにおける知名度や豊富な経験値を融合させた4棟、全1496戸の大規模マンションとなっている。施工は、パナソニック ホームズ MKHマレーシアが担い、24年9月完成を目指す。
 20年9月に第1期(748戸)販売を開始し、コロナ禍でも好調に推移したことから、第2期販売を決定した。間取りは、2LDK(専有面積53.07平方メートル)、3LDK(同78.04平方メートル)、3LDK(同86.49平方メートル)で、価格は日本円で約850~1600万円程度となっており、周辺相場より10%程度高い水準という。
 21年4月に開業予定の現地鉄道・新カジャンKTM駅から徒歩7分の恵まれた立地で、約1万4770平方メートルの共用部に40以上の共用施設・設備を充実。さらに、全住戸にパナソニックがアジアで展開する空気質“Quality Air ForLife(QAFL)”技術を採用し、全熱交換気システム(住戸タイプによっては換気システム)付エアコン(2台)を各住戸に設置し、室内空気を清浄に保つ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています