不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

入居者アプリで英語・ベトナム語対応に GMOReTech

 GMOインターネットグループのGMO TECH連結会社で、不動産テック企業のGMO ReTech(東京都渋谷区)は、「GMO賃貸DX 入居者アプリ」で2021年3月3日から、「英語」と「ベトナム語」への対応を開始した(https://chintaidx.com/resident/)。

 同社の「入居者アプリ」は2021年1月の提供開始後、賃貸不動産管理会社から「在留外国人の入居者向けに利用したい」との声が多く届き、今回、その要望に応えた。同アプリ内の「その他」のメニューから「Language」を選択すると、表示を英語またはベトナム語に切り替えることができる。今後は、中国語(繁体字・簡体字)など、諸外国語への対応も予定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています