お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

陣原駅前2万平米の「医・商・住」大規模開発事業者を選定 北九州市

開発事業者が提案した開発イメージ図

 北九州市は、JR陣原駅南口(東折尾土地区画整理事業地区内)の市有地売却で、開発事業者を総合評価方式の公募型プロポーザルで選定し、松尾組・しょうわ会・大英産業連合体に2020年11月12日に決めた。駅前の優位性を生かして土地の一体的な活用を図り、医療や商業、住宅の複合施設を開発する。2021年2月に仮契約、同年6月議会に付議後に本契約を締結する。2022年3月に所有権を移転し、2022年3月に事業着手し、2025年4月に完了する予定。

 開発地は北九州市八幡西区陣原1の2の103の敷地約2万500平方メートル。準工業地域(容積率200パーセント・建ぺい率60パーセント)。鹿児島本線JR「陣原」駅南口の駅前広場に隣接する。

 事業提案によると、病院棟(病床約200床、5階建て延べ1万5200平方メートル)、アメニティ棟(薬局・カフェなど、平屋建て500平方メートル)、立体駐車場棟(250台収容、3階建て延べ4500平方メートル)、スーパーマーケット(平屋建て2400平方メートル)、分譲マンション(48戸、13階建て延べ4000平方メートル)を新築する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています