お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

新型コロナで会場不足、12月に追加開催検討 20年度宅建試験

 宅地建物取引士資格試験の指定試験機関である不動産適正取引推進機構は7月1日、20年度宅建試験について、試験会場における受験可能人数を上回った場合に、試験日を追加して実施する方針を発表した。その場合、一部の受験者は当初予定の10月18日ではなく、12月27日(予定)の受験となる。新型コロナウイルス感染症の影響で、試験会場の確保が困難となっている状況を受けた対応。
 追加試験の対象となる試験会場等は、7月末に受験申し込みを締め切った段階で判断する。対象受験者は基本的に試験区分(一般または登録講習修了者)ごとの先着順で振り分け、該当する受験者には8月末までに改めて通知する。
 指定された試験日の変更は受け付けない。追加日程での試験日に都合がつかない場合は受験手数料を返還する。また、当初試験日と追加試験日では試験問題は異なり、同程度の合格ラインとなるよう設定する方針だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています