お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

19年首都圏新築M契約者、平均購入価格は5517万円 リクルート

 リクルート住まいカンパニーは3月19日、首都圏における19年の新築分譲マンション契約者動向調査の結果を発表した。それによると、契約世帯主の平均年齢は38.2歳、属性は「子供あり世帯」が4割で、18年調査とほぼ同じ結果となった。
 01年の調査開始以来、平均購入価格は5517万円で最も高く、平均専有面積は68.2平方メートルで最も小さくなった。ローン借入総額は平均4791万円。購入理由では「子供や家族のため、家を持ちたい」(41%)、「現在の住居費がもったいない」(32%)、「資産として有利」(26%)と続き、「資産として有利」が初めて「もっと広い家に住みたい」(25%)を上回った。
 同調査は、19年1月~12月に首都圏で新築分譲マンション購入契約者を対象に実施。集計数4931件。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
住宅新報 WEBセミナー 4月上旬より開講

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています