お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

自治体による「所有者不明空き家」対応を調査、報告 国政研

 国土交通省国土交通政策研究所は2月25日、全国自治体の担当部署への調査をまとめた「空き家問題における土地・建物の所有者不明化に関する調査研究」を公表した。
 同調査は、17年度から18年度にかけてアンケートや具体的な事例調査を行い、自治体の対応状況や所有者探索の際の問題点などを収集、整理。また有識者や自治体職員による研究会を開き、所有者の探索・特定や探索後の対応、体制作りなどを提示している。
 同調査によると、空き家の所有者を調査したことのある自治体のうち、約7割で所有者不明の物件が確認された。しかしその物件に対し、行政代執行などの対応実績を持つ自治体は約1割にとどまっており、「多くの自治体が対応に苦慮している実態が明らかになった」(同研究所)としている。一方、部署間の連携や財産管理制度の活用など、積極的な対策を講じている自治体もあり、そうした事例や知見を整理、共有することで、自治体における「所有者不明空き家」に関する業務の円滑化を図っている。
 同調査研究の報告書は、同研究所のホームページ(http://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/kkk154.html)で閲覧できる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています