お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

都心オフィス賃料は上昇継続、空室率は横ばい 三幸エステート調べ

 三幸エステートが10月10日に発表した調査レポート「オフィスマーケット2019年10月号」によると、東京都心の大規模ビルの募集賃料は引き上げの動きが継続し、空室率は横ばいの状況が続いている様子が見られた。
 東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)の平均募集賃料(坪単価、共益費込み)は、前月比138円上昇の3万613円と緩やかに上昇。平均空室率は同0.01ポイント減の0.70%で、0.7%台での動きが継続した。
 同社は空室率について、「新築ビルの多くが竣工時点でほぼ満室に近いテナントを誘致していることに加え、既存ビルでテナントを募集した場合も、現空床となる前に館内テナントの増床等により空室として顕在化しないケースが多い」と背景を説明している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています