お知らせ
2018年度競売不動産取扱主任者

エボラブルアジア、KEY社と資本業務提携、Airbnb向けS強化

 アジアを舞台にオンライン旅行事業、訪日旅行事業、投資事業などを手掛けるエボラブルアジア(東京都港区、吉村英毅社長)はこのほど、KEY STATION(東京都渋谷区、大貫功代表取締役)と資本業務提携を行ったことを明らかにした。
 KEY社は、ホテルや民泊などの宿泊施設、貸し会議室、カーシェアなどを対象に、24時間無人で鍵の受け渡しを行うシステム「KEY STATION」のほか、不動産運用を主体に手掛けている。
 同社は、エボラブル社の子会社エアトリステイとAirbnb向け「ワンストップサービス」の協力パートナーとして、既に業務提携を行っている。
 今回のエボラブル社による払い込み資本は、26億9547万円。この資本業務提携を契機に、両者が行う「ワンストップサービス」の更なる強化に努める。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています