お知らせ
HomeAwayのオーナーアカウント登録ページはこちら

阪急不動産、神戸で燃料電池付きマンション

 阪急不動産は9月下旬、国土交通省・建築物省CO2先導事業に採択された神戸市西区の分譲マンション「ジオ西神中央」(総戸数205戸)のモデルルームを開設する。
 全国で初めて、大阪ガスの自立運転機能付き燃料電池を全戸で採用したのが特徴。入居者の年間光熱費が約30%削減できる経済的メリットがあるという。また、HEMSの導入や節水対策、躯体の断熱を行うことなどで低炭素建築物認定を取得。マンション屋上に太陽光発電パネルを設置し、その売電収入を入居者のエコ啓発活動費用に充てるなどの取り組みを予定している。
 販売価格は未定。入居予定は2016年春頃。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています