お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

3カ月ぶりに改善 消費増税の影響和らぎか 6月景気動向指数

 帝国データバンクの調査によると、6月の景気動向指数は前月比0.3ポイント増の46.5となり、3カ月ぶりに改善した。一部業種や地域で消費増税による影響が見られるものの、影響は和らいできており、景気は再び上昇する兆しが現れた。
 低水準が続いている「小売」は、37.8と0.5ポイント増になり、2カ月連続改善した。
 帝国データバンクでは、「今後、消費増税の影響が一部で残る懸念はあるが、賃上げなどを背景として個人消費の回復が期待され、国内景気は緩やかに上昇していくのではないか」としている。
 なお、「不動産」は48.8で0.5ポイント増だった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています