6月29日(火)【参加無料・WEBセミナー】〜ニューノーマル・おうち時間に“付加価値提案”を〜 住宅メーカーが知っておきたい2つのこと

改正建築基準法案が成立、構造計算の一部合理化など

 建築基準法の改正案が5月29日、衆院本会議で審議され、可決、成立した。既に参院先議で審議・成立しており、27日の衆院国土交通委員会で採決され、全会一致で可決していた。
 改正建築基準法は、3階建ての木造校舎を建築できるようにするなどの木造建築関連基準の見直し、構造計算適判の一部合理化、老人ホームの地階部分の延べ床面積への未算入、建築物の事故に対し国が自ら関係者に調査・立入検査ができるようにする調査体制の強化――などが盛り込まれている。

 施行は一部の規定を除き、公布の日から起算して1年を超えない範囲内で政令で定める日からとなる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています