【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

両面発電型太陽電池モジュール 10月から受注開始 パナソニック

標準モジュール(左)と両面発電モジュールの違い

 パナソニック(大阪府門真市)は9月24日、両面発電モジュールの新型「新・HITダブル」を公共・産業用として10月1日から受注を開始すると発表した。

 新商品は従来の両面発電と同様、両面から光を取り込めるため、設置する方位や角度による影響が少ないほか、サンドイッチ構造のモジュールとすることで、業界最高水準の変換効率16%を実現した。また、太陽光発電システムの一層の普及拡大を図っていくため、モジュールの出力保証期間を20年に延長した。

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の施行により、学校、工場、オフィスなどで太陽光発電システムの要望が高く、こうしたニーズに対応していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています